トラブル知らずに

20代半ばになってきてから、肌質が変わりニキビのできやすい肌になりました。いわゆる乾燥肌というものです。洗顔した後は水気があり、肌に違和感もなかったのですが、日中、段々と肌が突っ張る感覚になり、触るとカサカサした感触でした。鏡を見ると一目見てわかるくらい乾燥しており、これは何か対策をしなければ、と思いました。

そこで、思い出したのが保湿美容液でした。保湿美容液の知識がまだ浅かった頃、ドラッグストアで適当に選んで使っていましたがあまり効果は得られず、何か良いものはないかと思い始めた時に、プロテオグリカンの原液というものがあると知りました。よくテレビでもヒアルロン酸について取り上げられていたので、興味本位に買ってみたところ、肌の状態が日中でも潤っている感覚になり、今では肌トラブルに合うことが随分と減るようになりました。

歳をとるにつれて、肌の状態は変わっていくもの。あの時しっかり予防しておけばとなる前に、私が今思うことを書きます。10代ではとくになにも気にしていなかったのですが、夜寝る前の洗顔後には、必ず化粧水、保湿美容液をしないと美しい肌は保てないと、友人に聞きました。実際、20代半ば頃から乾燥しがちな肌になり、口を開くと痛くなったり切れたりと、ニキビもできるようになりました。

やはり朝、晩の洗顔後には化粧水と保湿美容液は必需品かと思います。特に、プロテオグリカンの原液にした方がより良い効果を得られるかと思います。今はまだ何も不自由ない肌の方も、保湿はするにこしたことがないので、何かトラブルが起きる前に予防をしておいて損はないかと思いました。