最近、薄くはありますが、手の甲にしみらしきものが出てきているのが少し気になっていました。
特に今まで乾燥した時にハンドクリームを塗るくらいで、これといった特別な手のお手入れはしてこなかったのです。

ある日、電車に乗っていたとき、前のつり革を持っている人の手がたまたま目についたことがあり、
とてもきれいな手をしていたので、勝手に若い人だと思っていたんですが、実際は(おそらく)中年の女性でした。
そこから、電車などで手に目がいくようになり、自分の手の甲のしみが恥ずかしくなってしまいました。
今でもよくインターネットでお手入れの仕方や商品を調べたり、ドラッグストアなどで、手のしみに効きそうな商品を探しに行ったりしています。
手のシミにはやはりピーリングがおすすめです。

手のしみは肌のシミと同じで、紫外線に当たってしまうことかからできてしまうのだそうです。
私は、顔と違い、手の甲には一年を通して常に日焼け止めは塗っておらず、また夏場でもあまり意識的に塗り直しはしてきませんでした。
手のお手入れということに関してはあまりちゃんとしてこなかったです。
できてしまったシ手のシミ取りは一日二日でできるものではないですが、
毎日続けていれば、それなりに効果は出てきていて、少しずつではありますが、シミも薄くなってきたような気がします。
手のしみがあるのとないのとでは、見た目年齢が相当変わってくると思うので、
時間がかかってしまうかもしれませんが、これからも地道に続けていきたいと思っています。